zakzak

記事詳細

米の感染者が世界最多に 8万2000人超で中国・イタリアを抜く

 米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は26日、米国の新型コロナウイルス感染による死者が1100人を超えたと報じた。感染者は8万2000人を超え、中国やイタリアを抜いて世界最多になった。ただ死者数はイタリアやスペイン、中国などを大きく下回っている。

 米国で最も感染が拡大している東部ニューヨーク州のクオモ知事は26日の記者会見で、州の死者が1日で100人増え、385人に達したと語った。クオモ氏は「通常、人工呼吸器を装着するのは3~4日だが、新型ウイルス感染症の患者は11~21日必要だ」と説明。州内に数千ある麻酔器を人工呼吸器に利用することも始めており「国中から人工呼吸器を買い集めている。もっと必要だ」と強調した。

 クオモ氏によると、26日午前時点の州内の感染者数は約3万7000人で、米国全体のほぼ半数。州の入院患者は1日で4割増えて約5300人となり、うち1290人が集中治療を受けている。(共同)

関連ニュース

アクセスランキング