枝野氏まさかの苦戦!? 合流新党代表選、非公式ネット投票では泉氏が圧倒  - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

枝野氏まさかの苦戦!? 合流新党代表選、非公式ネット投票では泉氏が圧倒 

 立憲民主党と国民民主党などで結成する合流新党の代表選(10日投開票)は、立憲民主党の枝野幸男代表(56)と、国民民主党の泉健太政調会長(46)の一騎打ちとなった。下馬評では枝野氏の優位が伝えられているが、ネット上の非公式アンケートでは逆に泉氏が大きくリードしている。

 今回の代表選は、149人の国会議員だけが有権者だが、立憲民主党東京都連に所属する同党のパートナーという人物が興味深い活動を始めた。ウェブサイトのアカウント「立憲パートナー&国民サポーター」で、独自に“草の根投票”を始めたのだ。

 これによると、8日午前7時半時点で、枝野氏は3562票、泉氏は23397票だった。枝野氏は6分の1程度しか得票できていない。

 普段から、枝野氏は「草の根民主主義を前に進める」と公言しているが、立憲民主党の公式ツイッターは「党本部や新党代表選挙管理委員会ではネットアンケートは行っていません」と注意を促す事態になっている。

関連ニュース

アクセスランキング

×