菅氏“消費税増税”発言の真意 高橋洋一氏「財務省が巻き返している…ただ衆院選で豹変も」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

菅氏“消費税増税”発言の真意 高橋洋一氏「財務省が巻き返している…ただ衆院選で豹変も」

 自民党総裁選で圧勝する勢いの菅義偉官房長官は、10日のテレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」に出演し、現在10%の消費税率について、「将来的なことを考えたら行政改革を徹底した上で、国民の皆さんにお願いして消費税は引き上げざるを得ない」と述べた。

 菅氏は減税を否定していたが、将来的な増税に踏み込んだ発言は、総裁選論戦で初めてとなる。

 番組で消費税率を引き上げる必要があるのか問われると、そろって出演した石破茂元幹事長と岸田文雄政調会長は態度を明確にしなかった。菅氏は「私も引き上げると発言しない方が良いと思ったが、これだけの少子高齢化社会で、どんなに頑張っても人口減少は避けられない」と強調した。

 嘉悦大教授の高橋洋一氏は「人口減少と消費税を結びつけているのは財務省のレトリックそっくりだ。菅氏は経済成長優先を明言していたが、財務省が巻き返したという印象だ」と語る。

 財務省は菅氏の秘書官だった矢野康治氏を主計局長に起用するなど「菅内閣」を見越したかのような布陣を敷いている。

 ただ、これまでの消費増税局面では個人消費が落ち込み、景気を悪化させてきた。特に現状ではコロナ禍で経済が落ち込むなか、野党は時限的な消費減税を主張しており、次期衆院選の争点となる可能性が高い。

 菅氏は11日の官房長官会見で、消費増税に関し「安倍晋三首相はかつて、今後10年くらいは上げる必要はないと発言した。私の考えも同じだ」として、当面は税率を据え置くべきだとする考えを示した。

 前出の高橋氏は「『菅政権』がショートリリーフで終わらないためには解散総選挙を行う必要がある。そうなると増税の話はしにくく、豹変もありうる。あと10年は消費増税しないと軌道修正もしており、当面は財務省とのせめぎ合いが続くのではないか」と指摘した。

関連ニュース

アクセスランキング

×