安倍首相、安全保障政策に関する談話に「ミサイル阻止」明記 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

安倍首相、安全保障政策に関する談話に「ミサイル阻止」明記

 安倍晋三首相は11日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」計画の断念に伴う、新たな安全保障政策に関する談話を発表する。政府は、この談話に「ミサイル阻止」との文言を明記する方針を固めた。複数の政府・与党関係者が明らかにした。

 ミサイル阻止能力は、敵ミサイルを迎撃するミサイル防衛だけではなく、敵基地攻撃能力も包含した概念。新たな能力は国際法、憲法、専守防衛の枠内で整備する方針も明記する。

 首相談話は閣議決定を経ず、11日に開催される国家安全保障会議(NSC)でまとめる。地上発射型迎撃システム「イージス・アショア(地上イージス)」の代替策と敵基地攻撃能力の具体策は与党との協議を経たうえで年内に方向性を出す考えを示す。

関連ニュース

アクセスランキング

×