菅氏、橋下徹氏起用を否定「200%ない」 新内閣16日発足「改革意欲のある人を活用」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

菅氏、橋下徹氏起用を否定「200%ない」 新内閣16日発足「改革意欲のある人を活用」

 自民党は14日午後、党大会に代わる両院議員総会を東京都内のホテルで開き、国会議員票(394票)と地方票(141票)の計535票を争う総裁選を実施する。菅義偉官房長官(71)は議員票、地方票ともに大きくリードしており、石破茂元幹事長(63)、岸田文雄政調会長(63)を破って第26代総裁に選出される見通しだ。16日召集の臨時国会で、安倍晋三首相(65)の後継となる第99代首相に指名。16日中に新内閣を発足させる。

 「役所の縦割り、既得権益、悪しき前例主義を壊し、規制改革を行う」「(人事は)改革意欲のある人を活用したい」

 菅氏は13日、NHKの番組でこう語った。

 これまでに党内7派閥のうち5派閥が菅氏支持を打ち出している。無派閥議員も菅氏支持が大勢だ。岸田氏は岸田派と谷垣グループの一部、石破氏は石破派と無派閥議員の一部の支援を取り付けている。

 地方票は、47都道府県連に3票ずつ配分された。44都府県連は党員による予備選を独自に実施。残り3道県連は党員への意向調査や幹部会合で3票の配分を決めた。

 注目される人事だが、菅氏は13日午前のフジテレビの番組で、機会があれば元大阪市長の橋下徹氏を閣僚に起用したいかを問われると、「そういう人はいっぱいいる」と述べ、「橋下さんは200%ない」と否定的な見方を示した。

 橋下氏が2008年の大阪府知事選に出馬する前、「2万%出ない」と発言していたことを意識したものとみられる。ただ、橋下氏は最終的には出馬を決断し、当時最年少で府知事に就任した。

関連ニュース

アクセスランキング

×