新立憲民主が結党大会 150人で菅政権へ対抗 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

新立憲民主が結党大会 150人で菅政権へ対抗

 立憲民主、国民民主両党などの合流による新「立憲民主党」は15日午後、結党大会を東京都内のホテルで開催する。衆院107人、参院43人(計150人)の勢力で、立民代表だった枝野幸男氏が初代代表に就任。次期衆院選をにらんで決意や党運営の基本方針を表明する。16日に首相へ選出される自民党の菅義偉総裁による新政権に対抗する勢力の確立を目指す。

 枝野氏は結党大会で、新執行部人事案を説明し、了承を得たい考え。幹事長には立民幹事長だった福山哲郎氏、政調会長は国民政調会長を務めた泉健太氏を登用。国民幹事長として合流協議を結実させた平野博文氏を代表代行兼選対委員長に充てる。国対委員長には立民から引き続き安住淳氏を起用する。

関連ニュース

アクセスランキング

×