米英、菅政権に「覚悟」迫る!? 防衛費GDP2%増額要請、「ファイブアイズ」入りも 日米電話首脳会談前に“踏み絵”か - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

米英、菅政権に「覚悟」迫る!? 防衛費GDP2%増額要請、「ファイブアイズ」入りも 日米電話首脳会談前に“踏み絵”か

 菅義偉政権に対し、米国と英国が「覚悟」を求めてきたのか-。中国の軍事的覇権拡大が続くなか、マーク・エスパー米国防長官は防衛費をGDP(国内総生産)比で2%に増額するよう要請。ボリス・ジョンソン英首相は、米国と英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの機密情報共有の枠組み「ファイブアイズ」への日本参加に前向きな考えを示したのだ。

 「同盟・パートナー諸国は、互いの国益保護や安全の維持、共通の価値観の擁護といった共通目標を達成するため、米国と同様に防衛費を増額して(軍事的)能力向上に必要な投資を行うべきだ」

 エスパー氏は16日、米政策研究機関「ランド研究所」で講演し、日本を含む同盟諸国に対し、防衛費をGDP比2%に増額するよう求めた。

 トランプ政権は、北大西洋条約機構(NATO)加盟各国に対し、防衛費を2024年までにGDP比2%超にする目標の早期達成を要求している。中国の軍事的台頭で日本周辺の安全保障環境が厳しくなるなか、防衛白書によると、19年度の日本の防衛費はGDP比0・9%である。

 菅首相は16日、就任後初の記者会見で、外交・安全保障について「日米同盟を基軸とした政策を展開していく」と語った。トランプ大統領との初の日米電話首脳会談が20日で調整されるなか、事前に“踏み絵”を示した可能性もある。

 英国のジョンソン首相は16日、英議会で、「日本とは素晴らしい関係にあり、防衛や安全保障面で非常に緊密な関係を築いている」とし、ファイブアイズへの日本の参加について「英国にとって、志を同じくする民主主義国家を1つにまとめる大きな機会になる」と語った。

 日本が「ファイブアイズ」に参加できれば、情報共有は外交・安全保障分野だけでなく、経済や資源、科学、医療など幅広い分野に広がるとみられる。中国の知的財産強奪にも対抗でき、日本経済飛躍につながる可能性もある。

 ただ、これには「スパイ防止法の制定」と「対外情報機関の設置」も当然必要となる。左派野党やメディアの反発が考えられ、菅政権の本気度が試されそうだ。

関連ニュース

アクセスランキング

×