「民族大量虐殺」に認定 中国による新疆ウイグル自治区での弾圧、米国務長官が声明 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

「民族大量虐殺」に認定 中国による新疆ウイグル自治区での弾圧、米国務長官が声明

 マイク・ポンペオ米国務長官は19日、中国による新疆ウイグル自治区のウイグル族などのイスラム教徒少数民族に対する弾圧に関し、国際法上の犯罪となる「ジェノサイド(民族大量虐殺)」および「人道に対する罪」であると認定した。

 ポンペオ氏は声明で、少なくとも2017年3月以降、中国共産党の指示、管理の下で中国政府は「人道に対する罪」も犯したと指摘。100万人以上のウイグル族らが強制収容され、不妊手術や強制労働を強いられているとした。こうした中で、大量虐殺も行われたと認定した。米政権交代前日の認定は、ジョー・バイデン新政権に強硬路線維持の圧力を強める狙いがあるとみられる。

 バイデン氏から次期財務長官に指名されたジャネット・イエレン連邦準備制度理事会(FRB)前議長は19日、上院財政委員会の公聴会で、ウイグル自治区での抑圧行為などを念頭に、「中国はおぞましい人権侵害を犯している」と述べた。

関連ニュース

アクセスランキング

×