バイデン氏が宣誓 第46代米大統領に就任 「米国を結束させる」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

バイデン氏が宣誓 第46代米大統領に就任 「米国を結束させる」

 昨年11月の米大統領選で勝利した民主党のジョー・バイデン氏(78)は20日午前11時50分(日本時間21日午前1時50分)、首都ワシントンの連邦議会議事堂前で宣誓し、第46代大統領に就任した。副大統領には同党のカマラ・ハリス氏(56)が女性として初めて就任した。

 バイデン氏は就任式で聖書に手を置いて宣誓。この後、就任演説を行い、「私の魂を、米国を団結させ、結束させることにささげる」と述べるとともに、「すべての米国民の大統領になる」と強調した。米社会の分断と戦い、新型コロナウイルスへの対応や、人種問題の解消に取り組む姿勢を強調した。

 今回の就任式は新型コロナウイルスの感染対策のため出席者を大幅に削減して行われた。就任式には、新旧大統領が同席するのが慣例だが、トランプ前大統領は同日午前、大統領専用機でワシントンを出発して欠席。ペンス前副大統領が式典に出席した。

 6日に起きた議会議事堂の襲撃・占拠事件を受けてワシントン市内では多数の警官や州兵らが警備に当たった。(産経新聞ワシントン支局)

アクセスランキング

×