アリババ創業者・馬氏3カ月ぶり公の姿 オンライン番組に登場、自身の動静には言及せず - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

アリババ創業者・馬氏3カ月ぶり公の姿 オンライン番組に登場、自身の動静には言及せず

 昨年10月以降、公の場に姿を見せていなかった中国電子商取引(EC)最大手、アリババグループ創業者で、中国一の富豪として知られる馬雲(ジャック・マー)氏(56)が20日、オンライン番組に登場した。

 中国メディアによると、番組は地方の教育関係者を励ます趣旨で、英語教師の経験がある馬氏は、笑顔も見せながら教師らへメッセージを送った。登場したのは約50秒間で、自身の動静や現在の居所には言及しなかった。

 馬氏は昨年10月の金融フォーラムで「優れたイノベーション(技術革新)は監督を恐れないが、古い方式による監督を恐れる」と発言、中国当局を批判したと受け止められた。11月にはアリババ傘下のアント・グループの新規株式公開(IPO)が延期。12月には中国当局がアリババグループを独占禁止法違反の疑いで調査する方針を明らかにしていた。馬氏と中国当局の間に何があったのか。

関連ニュース

アクセスランキング

×