リオのカーニバル中止 市長「コロナで不可能」と判断 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

リオのカーニバル中止 市長「コロナで不可能」と判断

 南米最大規模を誇るブラジル・リオデジャネイロのカーニバルについて、リオのパエス市長は今年の開催を中止すると表明した。新型コロナの影響で当初は2月予定だった開催を7月に延期したが、感染状況などから実施は「不可能」と判断した。これに参加するために海外で活躍するサッカー選手がわざわざ帰国するほど人気のフェスティバル。コロナはどこまでも罪つくりだ。

 カーニバルの参加団体は新型コロナのワクチンを接種できるようになっていることを開催条件としていたが、パエス氏はブラジルで感染拡大の第2波が起きていることや、ワクチン接種が進んでいない状況を踏まえ、開催できる状況にないと指摘。2022年には「きっと実施できるだろう」と呼び掛けた。

 リオのカーニバルは例年、数日間の日程で行われ、トップチームのパレードが2晩にわたり徹夜で繰り広げられる。昨年2月の期間中は過去最多の約200万人が訪れた。

関連ニュース

アクセスランキング

×