中国の王毅外相が新型コロナ中国発生説をやんわり否定 WHOは反論 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

中国の王毅外相が新型コロナ中国発生説をやんわり否定 WHOは反論

 中国の王毅外相が1月に「中国は新型コロナウイルスを報告した最初の国だったが、病原体が世界中の複数の場所に出現したという証拠が増えている」などと発言したことに対して、中国が新型コロナウイルスの発生源であることを否定する意図があるとの批判の声が上がっている。

 ネット上では「中国が感染源でなければ、感染が発生してからすぐになぜ、WHOを中心とした国際的な調査団を入国させなかったのか。すでに1年以上も経って、証拠を完全に消してから調査団を受け入れても意味はない」などとの書き込みが見られている。

 王毅外相は昨年8月にも「WHOに新型コロナウイルスの存在を初めて報告したのは中国だが、それは中国で発生したという意味ではない。実際、過去数カ月にはこのウイルスが世界の別の場所で発生していることや中国よりも前に発生していた可能性を示す報告がある」と発言していた。

 また、中国メディアも「中国は新型コロナウイルスの発生源ではない」との論調を盛んに報道している。例えば、中国共産党機関紙『人民日報』傘下の国際専門紙『環球時報』は「2019年10月に市内で開催された軍事世界大会に参加した外国人を含め、発生前に武漢を訪れた人々を調査すべきだ」との記事を発表。中国疾病予防管理センターも「中国は新型コロナウイルスが最初に検出された場所だったが、それは中国が起源の場所だったことを意味しない」とか「ウイルスが冷凍魚介類や食肉製品に付着して、中国内に入った可能性がある」との説を発表した。

 これについて、WHO健康緊急事態プログラムのマイク・ライアン部長は香港の英字紙『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』に対して、「WHOとしては、新型コロナウイルスが中国で出現しなかったという発言には非常に懐疑的だ。公衆衛生の観点からすると、最初に感染した人間が見つかった場所を感染源として調査を開始することは常識だ」と指摘して、中国から世界各地にウイルス感染が拡大していったとの見方を改めて明らかにしている。

NEWSポストセブン

関連ニュース

アクセスランキング

×