コロナで地価が大幅下落…大阪の一部路線価補正 激甚災害以外では初 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

コロナで地価が大幅下落…大阪の一部路線価補正 激甚災害以外では初

 国税庁は26日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で地価が大幅に下落したとして、大阪市中央区の一部で路線価を4%減額修正(補正)したと発表した。昨年7~9月に当該地域の土地を取得した場合、相続税や贈与税の算定に適用される。激甚災害以外の要因で路線価を補正するのは初めて。バブル崩壊やリーマン・ショック時でもなかった異例の対応となる。

 専門家は、訪日外国人客の需要で上昇していた地価にコロナ禍が打撃となったと指摘。「商業地の下落傾向はしばらく続く」としている。

 国税庁によると、対象は大阪市中央区の心斎橋筋2丁目、宗右衛門町、道頓堀1丁目で、いずれも商業地。国土交通省のリポートや専門家の調査で、昨年7~9月の地価が、いずれも同年1月1日時点より23%下落し、路線価を下回った。

 国税庁は、新型コロナによる地価の動向を継続調査。昨年1~6月は地価が路線価を下回った地域がなく補正を見送った。昨年10~12月分については、今年4月に公表する予定。名古屋市中区錦3丁目や、大阪市中央区道頓堀2丁目などが補正の対象になる可能性があるとしている。対象地域は国税庁のウェブサイトで確認できる。

関連ニュース

アクセスランキング

×