【海外こぼれ話】「世界の麻薬王」のカバが大繁殖 付近住民を悩ませる - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【海外こぼれ話】「世界の麻薬王」のカバが大繁殖 付近住民を悩ませる

 南米コロンビアで、「世界の麻薬王」と呼ばれたパブロ・エスコバル(1993年死亡)が飼育していたカバが大繁殖し、付近住民を悩ませている。米メディアが伝えた。

 当初は4頭だったのが80頭以上に増え、河川一帯に生息。大量のふんによる汚染や人が襲われる被害も出ている。ただ、カバに愛着を持つ住民もおり、駆除ではなく去勢による共存を求める専門家も。(共同)

関連ニュース

アクセスランキング

×