zakzak

記事詳細

“来秋ドラ1候補”2年生右腕、創志学園・西純矢投手 亡き父との約束を胸に2度目のマウンドへ 甲子園

 1回戦で今春選抜ベスト8の強豪、創成館(長崎)から16三振を奪い完封した創志学園(岡山)のエース、西純矢投手(2年)。15日には2回戦で下関国際(山口)と対戦。昨年10月に病気のため他界した父、雅和さん(享年45)との約束を胸に、2度目の甲子園のマウンドに上がる。

 「絶対甲子園に行ってくれ」。雅和さんからそう背中を押されていた。中学入学と同時に地元広島の「ヤングひろしま」で硬式野球を始めてから、ずっと志していた甲子園。「いつかここに行きたい」。そう思いながらテレビにくぎ付けになっていた。

 雅和さんから口を酸っぱくしていわれていたことは、私生活にも通じる「いつも謙虚であれ」。創成館との試合当日の朝も「今日はよろしくお願いします」と雅和さんに思いをはせた。帽子のつばには、父の命日である「10・11」と「笑顔」という言葉が記されている。強豪相手に完封を達成したことは「自信になった」とするも、「これで油断せず初心に帰って次戦に臨みたい」と謙虚な思いを忘れない。

 謙虚な姿勢は、投球にも現れている。岡山県大会決勝で記録された自己最速の150キロ。しかし「試合の相手はスピードガンでもなければ審判でもない」と語るように、球速を意識しない。「あくまで打たせて取ること」と語るように、チームメートに背中を預け、試合では制球重視の投球に専念する。

 甲子園には、父だけでなく、今年7月の西日本豪雨の被災地である地元への思いも乗せている。「僕たちが1つでも多く勝って、元気な姿でプレーをしている姿を見せることで被災地の方々を勇気づけることができれば」と語る。2年生にして、来年のドラフト1位候補となるのは間違いないといわれる豪腕投手だが、増長することはありえない。(内藤怜央)

関連ニュース

アクセスランキング