zakzak

記事詳細

「備えよう!防災デー」お役所仕事で開催できず? 東京&札幌ドームの不思議

 NPB(日本野球機構)は22日、8月30-9月5日の「防災週間」に合わせて、8月30日と9月3日に公式戦開催球場で「備えよう!防災デー」を実施することを発表した。だが巨人、日本ハムの本拠地である東京ドームと札幌ドームでは開催されない。

 8月30日に試合が行われるのはナゴヤドーム、甲子園、マツダ、楽天生命パーク、メットライフドーム、ZOZOマリン。9月3日は新潟、神宮、横浜、ZOZOマリン、ほっと神戸、ヤフオクドーム。ZOZOマリンで2回も実施されるのに、巨人の主催試合は地方の新潟で、日本ハムは2試合共ビジターだ。

 なぜこうなるのか。巨人は9月3日からの中日戦3連戦が新潟、前橋、東京ドームの転戦。5日の東京ドームで実施すればよさそうなものだが、その日ロッテと日本ハムは試合がないのだ。

 とはいえ、12球団の本拠地で実施することが最優先ではないのか。「防災週間」に合わせようとすれば、こうなるのも仕方がないが、それならば前倒しでやる柔軟性があってもいい。お役所仕事ではないのだから。(江尻良文)

関連ニュース

アクセスランキング