【最先端アマチュアスイング】パッティングの精度向上 フェース面の錯覚…実は左を向いている 真っすぐのつもりでストロークすると当然ボールは左へ - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【最先端アマチュアスイング】パッティングの精度向上 フェース面の錯覚…実は左を向いている 真っすぐのつもりでストロークすると当然ボールは左へ

 今回からパッティングの精度を上げるためのレッスンを数回にわたってやっていきたいと思います。

 レッスンを始める前にまず皆さんに知っておいてほしいのは、「パターのフェース面の錯覚について」です。

 改めて言うまでもなく、パターというのは自分のイメージした方向にボールを転がす道具です。そのためほとんどのゴルファーは、打ち出したい方向やラインに対して平行に構えるなどして真っすぐの状態を作り出し、ヘッドをターゲットラインに対して直角にセットします。

 しかしここで大きな問題となるのは、自分では真っすぐにヘッドをセットしたつもりでも、必ずしもフェース面は自分が思うような真っすぐを向いていないということです。

 今時のパターには、真っすぐにセットしやすいようにガイドラインが引かれているものが多いのですが、2次元で見えるこれらのラインと本当の真っすぐとは一致しないのです。

 では、実際フェース面はどちらを向いているのか。フェース面に棒を取付けて構えてみると(写真(1))、棒は自分がイメージした真っすぐのラインよりも左方向を向きます。これは、パターだけに限ったことではないのですが、リーディングエッジを飛球線に対して直角に合わせると、ライ角とロフト角の影響でフェース面は左を向くようになっています。

 パターの場合、ロフト角は3~5度なので、ロフト角が大きいウエッジほど左は向きませんが、それでも真っすぐは向いていないのです。

 そのことを知らずに真っすぐストロークすると、当然、ボールは左に出てしまいます。

 「真っすぐストロークしているつもりなのに、いつも引っ掛けてしまう」という人は、このようなクラブの持つ真っすぐの錯覚に陥っているといえるでしょう。

 解決方法に関してはこれから説明していきますが、まずは正しく構えたつもりでも、フェース面が真っすぐ向いていないということを知っておいてください。

 ■坂本龍楠(さかもと・りゅうなん) 1981年、神奈川県生まれ。2011年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロ資格を取得。豪州仕込みの理論でレッスンを展開し、「YouTube」のレッスン動画は登録者数9万人超。悩めるゴルファーの救世主として絶大な人気を集めている。新宿御苑ゴルフスタジオ主宰。

構えたパターのフェース面は、ラインに対して本当に直角になっていますか?

関連ニュース

アクセスランキング

×