記事詳細

第2党維持の公明、広がる自民党への強硬論 幹部牽制「うちの協力がなければ自民党が選挙で勝てないことが裏付けられた」

 公明党は東京都議選で小池百合子都知事率いる「都民ファーストの会」と選挙協力を行った結果、7回連続で候補者全員の23人が当選する完勝を果たし、都議会第2党を維持した。今後は次期衆院選を見据え、都議選で争った自民党との関係修復が焦点となる。

 公明党の山口那津男代表は2日夜の記者会見で「小池都政とのかみ合った議会の姿勢と、政策実現力をしっかり訴えたことで支持をいただいた」と述べ、連携の成果をアピールした。

 公明党は選挙戦で小池氏を全公認候補の応援演説に立たせた。

 党関係者は「小池氏との連携は結果的に奏功した。泥舟の都議会自民党との関係解消が遅れていれば議席を減らしたかもしれない」と打ち明ける。

 一方、国政で自民党と連立政権を組む「ねじれ」が常態化すれば、公明党が東京都内の衆院25選挙区で唯一、議席を守る東京12区があおりを受ける。自民党は、国政選挙の実動部隊となる都議を大幅に失うことになるからだ。

 山口氏は、「国政と都政は別だ。今回は都民の都政に対する審判で、いささかも政権運営に揺るぎはない」と述べた。高木陽介都本部代表も記者団に「安倍晋三内閣を支えてきた部分は変わらない」と、強調した。

 だが、自民党への強硬論も広がる。公明党幹部は「うちの協力がなければ自民党が選挙で勝てないことが裏付けられた。自民党は大局的な判断をしてほしい」と早くも牽制(けんせい)した。(清宮真一)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう