記事詳細

蓮舫氏、最後の記者会見で反省「受けの力は不十分だった」

 民進党の蓮舫代表は10日、最後の記者会見を党本部で開き「安倍内閣の信頼が揺らぐ1年だった。攻める力は十分にあったが、受けの力は不十分だった」と反省の弁を述べた。

 自身の成果に触れ「憲法やエネルギー、社会保障など(政策の)弾込めはほぼ終わったと思う。次の執行部が次期衆院選にいつでも臨めるよう仕事をさせていただいた」と振り返った。

 一時検討した参院から衆院へのくら替え出馬については「今日は去っていく会見なので多くは語りません」と述べるにとどめた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう