記事詳細

北メディア、韓国の「制裁圧迫と対話並行」を糾弾

 北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は11日、韓国の文在寅政権を糾弾する署名入りの論評を配信した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

 論評は、文氏を「南朝鮮の執権者」としながら、「『米国との共助で北を圧迫するが対話の余地は開いておかなければならない』と力説した」と指摘した。

 また、韓国統一省や青瓦台(大統領府)の当局者が「『制裁・圧迫と対話並行』を宣伝している」とし、「論議する一顧の価値もない実にとんでもない詭弁である」と非難した。

 さらに、「同族を敵視する『制裁圧迫』に執着しながらいわゆる対話についてけん伝するのは理に合わず、むしろ対話を否定して対話の道を阻む行為である」と主張した。

 その上で、「われわれの核武装解除と制裁圧殺を狙った対話と接触は絶対に容認されないこととして、永遠に成されない妄想である」と強調した。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース