記事詳細

北メディア、韓国「核戦争の弾除けに積極的」

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は11日、韓国の文在寅大統領を非難する署名入りの論評を配信した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

 論評は、米韓両国が9月27日~28日にソウルで統合国防対話(KIDD)を開き、「『連合防衛』と『核心軍事能力確保』の看板の下で上司らと米核戦略資産の朝鮮半島循環配備の拡大と軍事技術移転について謀議した」と指摘した。

 つづけて、「これは、南朝鮮を米国の侵略的な兵站基地にさらに任せて上司の北侵核戦争の弾除けに積極的に乗り出しているかいらい好戦狂らの汚らわしい反民族的正体を再度はっきり暴いている」と述べた。

 また、「現南朝鮮当局者らは折に触れ、『平和』をうんぬんしているが、それは米国の北侵戦争作男としての自分らの醜悪な正体を覆い隠すための三文の値打ちもない術策だ」と非難した。

 その上で、「挑発者らがあえて侵略の導火線に火をつけるなら、降伏書に判を押す者もいないように一人残らず掃滅するというのがわが千万軍民の懲罰意志である」と警告した。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース