記事詳細

美人タレントを「全身ギプス」で固めて連れ去った金正恩氏の目的 (1/4ページ)

 韓国で「脱北美女」タレントとして活動していたイム・ジヒョンさんが突然消息を絶ち、昨年7月に北朝鮮の対外向けプロパガンダメディア「わが民族同士」に登場したことで、韓国社会には波紋が広がった。

 彼女がいかにして北朝鮮に戻ったかは、未だミステリーのままだ。脱北して中国に潜伏していた当時、生き伸びるために出演したアダルトビデオチャット映像が流出したことなどを苦に、自主的に帰国したという見方がある一方で、北朝鮮の諜報機関に拉致されたという見方もある。

 この件について、李潤傑(イ・ユンゴル)北朝鮮戦略情報センター代表は、韓国のタブロイド紙・日曜新聞への寄稿文で、複数の情報筋の証言から彼女が拉致されたことを確認したと述べている。

 李氏が、「拉致の過程についてよく知っている」という北朝鮮国内の関係者から聞いた話によると、イムさんは今年4月、中国遼寧省瀋陽の七宝山ホテルに入った。

 このホテルは、表向き北朝鮮の国家保衛省(秘密警察)系列の貿易会社が運営していることになっているが、実際に運営しているのは海外反探局、つまりスパイ担当部署だ。単に外貨稼ぎをするためだけではなく、工作員の秘密会議、党生活総和(総括)、思想教育目的の特別講演会などが行われる拠点である。また、かつてはハッキング部隊の基地が置かれていたとの情報もある。つまり、非公然組織のアジトというわけだ。

 彼らは、目的のためには手段を選ばない。

 (参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース