記事詳細

【親も知らない今どき入試】中学受験で子供を伸ばす親の共通点「塾や教師を信頼」 (1/2ページ)

 年も明け、中学入試が近づいてきた。子供の学力を伸ばすには、親はどうすればいいのか。

 今週は首都圏301の学習塾の塾長、教室長へのアンケートによる「中学受験で子供を伸ばす親の共通点ランク」を紹介したい。

 トップは2年連続で「塾(教師)を信頼し、聞く耳を持っている」だった。

 中学受験に詳しい安田教育研究所の安田理代表は、「家庭で親が塾に対してネガティブな発言をすると、子供が授業を聞かなくなることがあります。信頼して指導を受けることが重要です。そうでないと、すぐ転塾を考える場合もでてきますが、それでは学力が身につかず、伸びません」と話す。

 親が選んで通塾させているのだから、信頼することが大切というわけだ。塾講師も「親は中学受験をさせたいのに、子供が望まないケースなど、子供が塾を嫌がることがあります。そういうときこそ塾に相談すること。理由は別のところにあるわけですから、子供にも中学受験することを納得させないと、転塾を繰り返すことになりかねません」という。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう