記事詳細

金正恩氏が日本を「次のターゲット」に定めた理由 (3/3ページ)

 では、日本はどうすべきか。一般の日本国民にとっては、北朝鮮との関わりなどまったくゼロでも何ら支障はないだろう。しかし安倍政権は、日本人拉致問題を「必ず解決する」と約束している。北朝鮮から「どうでもいい国」だと思われていては、その約束を果たすことはできない。

 また、このまま北朝鮮と韓国の対話が進み、いずれ北朝鮮と米国の対話が始まるようなことになれば、色んなことが日本の頭越しに決められ、日本の国益が損なわれる可能性もある。

 そんなことにならないように、日本は北朝鮮にとって「厄介な国」になるべきというのが筆者の意見だ。北朝鮮にとって「厄介な国」というのはつまり、「人権問題にうるさい国」である。日本が脱北者保護などを積極的に行い、北朝鮮の人道問題を告発する一大拠点となれば、金正恩氏は日本の動向に頭を悩ませ、「どうしたら黙ってもらえるだろうか」と真剣に考えるはずだ。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース