記事詳細

【永田町美人秘書】「線香がまずければケーキ」でいいの? 議員夫人が仏壇にお供えすると遺族が…

 「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」と言ったのはフランス王妃、マリー・アントワネットと伝えられる。だが、「線香がまずければケーキ」というのが、かつてあったそうだ。

 仲良しの秘書Xちゃんが教えてくれた。

 「ウチの議員の地元有力者が亡くなり、初盆に議員夫人があいさつに行ったとき、ケーキを持っていったの。だって、線香やお金を持っていっちゃまずいじゃないの」

 手ぶらというわけにはいかないので持参したのだろう。夫人はケーキを仏壇の前に「お供え」として置いたという。

 「そうしたら、有力者の遺族が血相を変えて、『こんなことをしてもらったら困る。持って帰ってくれ』と押し返した。『トラブルに巻き込まれては迷惑』という思いだったのだろう」

 それで、そのケーキはどうしたの?

 「夫人が事務所に持って帰ってきたんだけど、そのまま自宅に持って帰ったみたい。きっと、1人で全部食べたのよ」

 秘書におすそ分けする発想はないのね。

 「そんな気配りが夫人にあったら、うちの議員は大臣を何度かやっているわよ」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう