記事詳細

【トニー・マラーノ 痛快!テキサス親父】「慰安婦虐殺映像」のどこが証拠なんだ!? 韓国“お笑いサーカス団”また寸劇 (1/2ページ)

 ハーイ! みなさん。韓国の「お笑いサーカス団」がまた、慰安婦問題をめぐって、あきれた寸劇を行ったようだな。

 ソウル市が2月27日、旧日本軍が慰安婦を虐殺したという映像や写真、文書を、米国立公文書館で発見したと公表したそうじゃないか。ソウル大学人権センターと共同調査したという。

 親友のシュン(=テキサス親父日本事務局、藤木俊一事務局長)が、「また、韓国メディアが大騒ぎしている」「日本や英国の一部左派メディアが裏付けも取らずに垂れ流している」と教えてくれた。ひどい話だぜ。

 ソウルのサーカス団は昨年夏にも、「慰安婦の強制性を示す新証拠が見つかった」と騒動を起こした。彼らは当時、《慰安婦と思われる女性7人などが映っている18秒の無音声映像》を証拠として示したんだ。

 俺とシュンはすぐ、ワシントンDC郊外メリーランド州にある米国国立公文書記録管理局(NARA)に出かけて調査した。そこで、無音声映像に事実と異なるナレーションや説明が付けられ、証拠のようにデッチ上げられた可能性がある-と暴いた。これは、夕刊フジでも報告したぜ。

 さあ、今回の問題だ。サーカス団が先月公表したのは、《19秒の無音声の映像の中に、6人の遺体が地面に横たわっていて、その遺体から靴下を脱がしている映像など》だ。それを、「日本人が殺した朝鮮人性奴隷たちだ」と主張している。

 俺たちは早速、NARAのデータを検索・調査したぜ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう