記事詳細

「車いすの天才科学者」ホーキング博士が死去 76歳

 全身の筋肉が徐々に動かなくなる筋委縮性側索硬化症(ALS)と闘いながら、ブラックホールなどに関する独創的な宇宙論を発表し続け、「車いすの天才科学者」と呼ばれた英国のスティーブン・ホーキング博士が死去した。76歳だった。英BBC放送などが14日伝えた。著書の『ホーキング、宇宙を語る(邦題)』は世界的なベストセラーとなった。

 1942年、英南部オックスフォード出身。オックスフォード大を62年に卒業した後、ケンブリッジ大に移って宇宙論を専攻した。63年にALSと診断され、「余命数年」と宣告されたが、大学生だったジェーンさんと65年に結婚した。

 次第に身体の自由が奪われるなか、最先端の宇宙論研究で多くの業績を残した。74年には英国の数学者ペンローズ博士との共同研究で、ブラックホールがエネルギーを失って消える「ブラックホール蒸発」理論を提唱した。自ら敬愛するアインシュタイン以後、最高の理論物理学者と評価された。

 79年にケンブリッジ大ルーカス記念講座の数学教授に就任。85年に声も失ったが、音声合成装置を使い、日本など世界各地を講演して回った。

 ジェーンさんとの関係は2014年の英映画「博士と彼女のセオリー」で描かれ、大きな話題となった。最近では人工知能(AI)の危険性も指摘していた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう