記事詳細

ほくそ笑む金正恩氏 韓国が首脳会談前に「腰くだけ」 (1/2ページ)

 今月27日に北朝鮮の金正恩党委員長と韓国の文在寅大統領との首脳会談が予定される中、北朝鮮の人権問題を巡り、韓国側が「腰くだけ」ぶりを見せている。

■人体を「ミンチ」に

 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は4日の記者会見で、深刻な状況にある北朝鮮の人権侵害問題には一貫して「強い態度」で臨むと述べたが、今月末に予定されている南北首脳会談で文大統領は北朝鮮の人権問題を取り上げる可能性は低いと述べたのだ。

 北朝鮮の核問題を解決することが、国際社会と周辺国の緊急の課題であるということに、異論を差しはさむ余地はない。一方、金正恩氏の核開発と切っても切り離せないのが北朝鮮国内の人権問題だ。

 金日成主席の時代から続く北朝鮮の国家的な人権侵害は、世界的に非難の的となっている。たかだが、韓流ビデオのファイルを保有していたという容疑だけで、女子大生を拷問し、悲劇的な結末に追いやる人権侵害に、国際社会は厳しい目を向けている。

 (参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

 祖父や父と同様、金正恩氏もまた、残忍な恐怖政治を主導してきた。2013年には、叔父の張成沢(チャン・ソンテク)氏を「犬にも劣る醜悪な人間のゴミ」と罵りながら処刑した。2015年の春には玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)人民武力部長(国防相)を人体が「ミンチ」になってしまう「高射銃」で処刑した。2017年には異母兄である金正男氏をマレーシアで猛毒の神経剤VXで暗殺した。

 (参考記事:玄永哲氏の銃殺で使用の「高射銃」、人体が跡形もなく吹き飛び…

 このような行いにより、今や国際社会から「人道に対する罪」を問われつつある金正恩氏が、「フツーの国家指導者」として欧米や日本から認められる余地はもはやない。本人もそのことはよくわかっているはずだ。この絶望感が核・ミサイル開発に突っ走った一つのきっかけだと筆者は見る。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース