記事詳細

新潟・米山知事が辞職意向 週刊誌で女性問題報道か

 新潟県の米山隆一知事(50)が辞職の意向を固めたことが分かった。近く発売の週刊誌で自身の女性問題が報じられることが理由とみられる。既に周辺に伝えた。民進党など県政与党は後継候補の検討に入った。関係者が16日、明らかにした。米山氏は東京電力柏崎刈羽原発(同県柏崎市、刈羽村)の再稼働に慎重な態度を取っており、辞職すれば今後の議論に影響するのは確実だ。

 関係者によると、「週刊文春」が米山氏の女性問題を掲載する見通しという。

 米山氏は2016年、3期務めて不出馬を表明した泉田裕彦前知事の任期満了に伴う知事選で、共産、社民両党などの推薦で無所属として立候補。同原発再稼働に慎重だった泉田氏の「路線継承」を掲げ、自民、公明両党推薦の候補らを破って初当選した。

 米山氏は就任後、再稼働の是非の判断に向け、県独自の検証委員会を設置した。東日本大震災による東京電力福島第1原発の事故原因や、柏崎刈羽原発周辺住民の避難方法の検証に着手。2~3年後の報告を目指している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう