記事詳細

友人宅から1000万円! 中3少女が盗んで大盤振る舞い「仲間外れにされているように感じ…」 (1/2ページ)

 何とも不可解な事件だ。友人宅から現金1000万円を盗んだとして、警視庁少年事件課は窃盗容疑で東京都江東区の区立中学3年の少女(14)を逮捕した。盗んだのは小学校時代の友人宅の生活費で、少女はその金を同級生に数十万円から100万円も大盤振る舞いしていたというから驚きだ。

 逮捕容疑は、1月初旬から2月27日にかけて、江東区の無職の女性(41)の自宅から現金1000万円を盗んだ疑い。少女は容疑を認めているという。同課によると、少女が現金を盗んだのは小学校時代の同級生宅だった。

 関係者によると、少女と友人は、週2~3回も遊ぶほど仲が良かったという。友人は母親と2人暮らしで盗まれた現金は、母方の実家から生活費などの支援のために送られたものとみられている。少女は以前、友人から、リビングに現金を隠してあることを教えられ、場所を知っていたという。

 少女は、友人宅から盗んだ現金を、中学校の同級生約10人に数十万円から最大100万円を配るなどしていた。

 2月中旬、少女の部屋のクローゼット内に金融機関の帯封が付いた現金が入ったトートバックがあるのを母親が発見した。少女は「知らない男から預かった」と説明した。

 母親は翌日に警察に通報したが、少女は母親が保管していた現金を見つけ出し、同級生に配ったとみられる。学校も調査を実施し、高額な金銭を受け取っている生徒がいたことも分かった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース