記事詳細

【新・カジノ情報局】賭博→マフィア…カジノって怖い所なんて思っていませんか? (1/2ページ)

 2024年をめどに日本でもカジノが解禁されることがほぼ決まりとなった。当初は東京オリンピックに合わせるという青写真もあったものの、カジノの法整備が遅れたため、結局24年の開業となった。

 入場料を6000円も取られることやゲームの種類が限定される可能性もあるなど課題は多く、果たしてどれだけの人が行くかはわからないが、カジノとはどんなところか、どんなふうにして遊べばいいのか、行く人も行かない人も知っておいて損はない。

 というわけで今回のシリーズではカジノとはどんなところか、改めて紹介してみたい。

 ■日常忘れる大人の遊び場

 日本には合法的に営業しているカジノがないため、人々の持つイメージもまちまちだ。パチンコ屋みたいなところだと思っている人もいるかもしれないし、映画に登場するように、入っただけで銃を突きつけられて身ぐるみ剥がされるような恐ろしい場所だと思っている人もいるかもしれない。

 現にぼくが25年ほど前にカジノに行った際、当時所属していた会社の気の小さい上司から、マフィアに殺されないようにといわれたほどだ。

 そんなイメージが広まったのも日本に本物のカジノがないせいだが、カジノとは決して恐ろしい場所ではなく、日常を忘れて楽しめる大人の遊び場だ。

zakzakの最新情報を受け取ろう