記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】南北首脳のノーベル平和賞受賞は“大歓迎” うさん臭さに気付く人増えるはず (1/2ページ)

 今年の「ノーベル平和賞」の受賞者をめぐる、英ブックメーカー(賭け屋)の予想を知って、思わず笑ってしまった。

 南北首脳会談を4月27日に行った、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の同時受賞が、オッズ1・7倍の1番人気(4月末時点)だというのだ。

 どこかの団体が「ノーベル平和賞を与えるべきだ」と騒いでいた日本国憲法には「平和」という言葉が5回も登場する。「平和」とは各人の主観次第で、客観的定義がない。だから善良な人々をけむに巻くプロパガンダ用語として利用される。

 ノーベル平和賞とは、このプロパガンダを補強する、うさん臭い存在に過ぎないと私は考えている。

 バラク・オバマ氏は米大統領就任直後の2009年4月、チェコ・プラハで演説し、「核兵器を使用した唯一の核保有国として行動する道義的責任がある」として、米国が先頭に立ち、核兵器のない世界の平和と安全を追求する決意を示した。この演説によって、オバマ氏は同年のノーベル平和賞を受賞したが、核廃絶は実現せず、逆に、任期中に北朝鮮という新たな核保有国が誕生した。

 中東ではIS(自称イスラム国)が台頭し、南シナ海では中華人民共和国(PRC)が国際法を無視して人工島の軍事基地を建造した。ノーベル平和賞受賞の経歴は、オバマ氏に軍事オプションの選択を躊躇(ちゅうちょ)させ、世界の平和と安全を混乱させた。

zakzakの最新情報を受け取ろう