記事詳細

【大前研一 大前研一のニュース時評】宿泊施設不足どう解消する 外国人観光客3000万人時代へ (1/2ページ)

 政府観光局によると、今年1~3月期の訪日外国人客数は前年同期に比べ16・5%増の762万人と過去最高だった。旅行消費額も前年同期比17・2%増加の1兆1343億円で、初めて1兆円を超えた。

 国別の1人当たりの旅行支出は、1位は豪州で25万1000円、2位はベトナム、3位は中国だった。中国がトップかと思っていたが、意外だった。

 1人当たりの宿泊料金や飲食費、娯楽費も豪州が1位。豪州の人はスキーなどの体験型消費が多く、ゆったり宿泊して、和食などの飲食にもカネを落としている。一方、1人当たりの買い物代は中国が1位。飲食費や宿泊費を削って家電や時計などの買い物に充てている。ベトナムは短期留学で滞在日数が長いことが影響しているようだ。

 3カ月で760万人ということで、年間3000万人は堅くなってきた。さらに4000万人ということになると、フランスやスペイン、イタリアの領域に入る。しかし、これら欧州諸国に比べて、日本は宿泊施設の貧弱さが問題だ。特に高級ホテルが不足している。

 そんななか、長野県軽井沢町には国内外の高級ホテルが続々開業している。先月19日、米ホテルチェーンのヒルトン系リゾートホテル「KYUKARUIZAWA KIKYO」がオープンした。JR軽井沢駅から徒歩15分の一等地にある「旧軽井沢ホテル」を全面改装したもので、海外の富裕層の利用も見込んでいる。

 また、昨年7月に中軽井沢の閑静な森にオープンした「軽井沢マリオットホテル」も外国人を意識している。会員制リゾート施設「ラフォーレ倶楽部」を米国のブランドホテルに切り替えたもので、オフィス賃貸事業の森トラストが運営し、世界で1億人いるマリオットの会員も見込む。

zakzakの最新情報を受け取ろう