記事詳細

ネットで大炎上…前川喜平氏めぐる『笑ってはいけない議事録』 専門委員「やくざの言葉遣いやめて」 (2/2ページ)

 これには、専門委員も「やくざの言葉遣いみたいなことは、やめてほしい。施策の根拠を示すのは、国民への責務だ」「根拠を問われたら、お前たちが示せと開き直る。そんなバカな官庁は聞いたことがない」「詭弁」などと猛反発した。

 その後も、教員の正式採用前に行われる「適性判断」の実態や、小中学校への途中転入時の「学校選択」の可否が議題に上ったが、前川氏は「市町村レベルで議論すべき問題だ」などと繰り返した。学校選択制の運用実態については、「当面、調べる必要性を感じていない」と言い切った。

 別の委員は、学校選択制の効果と弊害を文書にまとめて提出するよう求めたが、前川氏は「ここで済ませてはいけないか」と食い下がった。

 専門委員らは「職務怠慢」「この場にいるのに不適格だ」「自治体の問題だから、国は関与しなくていいということにはなり得ない」とダメ出しし、最後は、発言しようとする前川氏に「もう結構」「黙りなさい」と通告した。

 議事録を読んで、前川氏がなぜ事務次官になれたのか、疑問を感じた。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース