記事詳細

中国大手保険会社元会長 1.2兆円詐取で懲役18年の判決 (1/2ページ)

 中国・上海の中級人民法院(地方裁判所に相当)は5月中旬、中国の大手保険会社、安邦保険集団の呉小暉・元会長氏に対して、詐欺と職権乱用の罪で懲役18年の実刑判決を下した。さらに、呉氏が投資家から652億元(約1兆2000億円)を詐取したとして、呉氏の個人資産105億元(約1800億円)の没収を命じたことが分かった。いずれも過去最高の記録的な額となった。

 呉氏は浙江省温州市郊外の農家の家に生まれ、高校卒業後、隣町の平陽県工商局に入ったが、1990年代に公務員を辞めて、手提げバッグの製造・販売商売を始めた。

 その後、結婚したが、その相手が同省杭州市長の娘だった。そのコネを生かして、浙江省寧波市で自動車販売を始め、大きな業績をあげ、中国の10大元帥の1人で、元上海市長だった陳毅将軍の息子と知り合った。その縁で、トウ小平一族に食い込み、トウ小平の孫娘と知り合って、妻と離婚した後、結婚した。

 呉氏は中国の名門家族の一員となり、その血族の影響力をバックに、ビジネスを拡大し、保険業界に進出した。

 中国国営新華社通信など政府系メディアによると、呉氏は安邦集団やその子会社に対して、財務諸表の改竄を指示し、業績が上がっているようにみせかけ、保険監督当局から高利回りの投資型保険商品の販売許可を得た。それを使って、呉氏は投資を募り、652億元(約1兆2000億円)の資金をだまし取ったという。これにより、呉氏は安邦集団の事業拡大に成功し、わずか10年の間に業界2位の企業に急成長した。

 呉氏といえば、米名門ホテル「ウォルドルフ・アストリア・ニューヨーク」などの海外での巨額な買収で知られるが、その資金源は投資家から詐取した資金だった。

 この時期には、すでに呉氏とトウ家の関係も冷え切っており、呉氏の派手な女性関係も影響して孫娘と離婚。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース