記事詳細

元駐韓米大使ら北朝鮮入り 米朝首脳会談へ実務者協議続く

 米紙ワシントン・ポストは27日、ソン・キム元駐韓米大使らが米朝首脳会談に向けた協議のため同日、南北軍事境界線を越えて北朝鮮入りし、板門店の北朝鮮側施設「統一閣」に向かったと報じた。崔善姫外務次官らと会談するとしている。

 首脳会談の再設定に米朝両国が意欲を示す中、実務者協議が活発化してきた。非核化の手法が焦点となる。同紙によると、キム氏には国家安全保障会議(NSC)の朝鮮半島専門家が同行。北朝鮮側との協議は29日まで続く見通し。

 米政府当局者は、国防総省でアジア太平洋地域を担当するシュライバー国防次官補も同行していると明らかにした。シュライバー氏はポンペオ国務長官の訪朝時にも同行しており、体制保証の一環としての在韓米軍の在り方が議題になっている可能性がある。

 キム氏は現在、駐フィリピン大使。北朝鮮核問題を巡る6カ国協議の担当特使や、韓国系米国人として初の駐韓大使を経て、北朝鮮担当特別代表を務めた。

(共同)

zakzakの最新情報を受け取ろう