記事詳細

史上最強連携で北朝鮮に対峙! 米朝会談を前に日米首脳会談開催へ、安倍首相「拉致解決が絶対重要」 (1/2ページ)

 米朝首脳会談を前に、安倍晋三首相とドナルド・トランプ米大統領が、首脳会談を行う。28日夜の電話会談で合意した。6月8、9日にカナダで開かれるG7(先進7カ国)首脳会議の合間での開催を中心に、G7前の首相訪米も模索する。北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」と、拉致問題の全面解決に向け、日米は史上最強のタッグで北朝鮮に対峙(たいじ)する。

 「日米でしっかりと連携しながら認識を共有し、共通の方針のもと、米朝首脳会談が意義のあるものとなるように協力していくことで一致した」

 約30分間の電話会談後、安倍首相は公邸前で記者団にこう語った。

 西村康稔官房副長官によると、トランプ氏は「米朝首脳会談に向けて準備を進めている」と述べたという。当初予定されていた6月12日に開催されるかどうかについては、明言がなかった。

 首脳会談をめぐり、トランプ政権と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権は、駆け引きを激化させている。CVIDを目指す米国と、段階的な非核化で制裁緩和を狙う北朝鮮との間には「大きな溝」がある。

 南北軍事境界線のある板門店(パンムンジョム)では28日から、ソン・キム元駐韓米大使(現駐フィリピン大使)と、「正恩氏直結の女」といわれる崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官の協議が始まった。会談は29日まで行われる見通しで、北朝鮮が「核兵器の国外搬出」や「核施設への査察」などを受け入れるかが焦点だ。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース