記事詳細

「森友文書」改竄で佐川氏ら不起訴 積極的な指示も認められず

 学校法人「森友学園」(大阪市)との国有地取引をめぐり、大阪地検特捜部が、決裁文書の改竄で虚偽公文書作成罪などで告発された佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官らを不起訴とする方針を固めたことが、関係者への取材で分かった。売却価格が大幅に値引きされた国有地売却にかかる背任罪も、財務省近畿財務局の担当者らを不起訴とする見通し。31日にも財務省側の職員や小学校建設に関わった業者ら関係者の聴取を終え、近く処分を発表する。

 文書改竄は理財局の一部職員が主導して行われたが、改竄前後で決裁文書は契約内容や金額といった核心部分が変更されておらず、特捜部は刑事罰に問うことはできないと結論づけたもようだ。佐川氏の積極的な指示も認められなかったとみられる。

zakzakの最新情報を受け取ろう