記事詳細

加計学園事務局長が愛媛県に謝罪、面会は「なかった」

 加計学園の渡辺良人事務局長が31日、愛媛県庁を訪問し、安倍晋三首相が2015年2月に加計孝太郎理事長と面会したとする県の文書の記載内容に関し「獣医学部を何とか形にしたくて、私が(面会したと)言ったのだと思う。(面会は)なかった」と語った。

 渡辺氏は「多大な迷惑を掛け、誠に申し訳ない」と謝罪。応対した愛媛県の西本牧史企画振興部長は「県に対して誤った情報を伝えていたのは非常に重大。残念で遺憾だ」とし、経緯の説明を求めた。中村時広知事は台湾出張のため不在だった。

 愛媛県が国会に提出した文書は、学園関係者から受けた報告として、安倍首相が15年2月25日に加計氏と面会し、首相が「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」と発言したと記載していた。

 学園は5月26日、「実際にはなかった総理と理事長の面会を引き合いに出し、県と市に誤った情報を与えてしまった」とのコメントを発表した。

zakzakの最新情報を受け取ろう