記事詳細

天安門事件から29年 警官多数配置で厳戒態勢

 中国で民主化を求める学生らを当局が武力弾圧した1989年の天安門事件から4日で29年となった。当局は北京市中心部の天安門広場や事件の発生地に多数の警察官らを配置。習近平指導部は追悼や民主化要求の活動を警戒し、厳戒態勢を敷いている。

 最も多くの犠牲者が出たとされる北京市西部の木●(=木へんに犀)地では3日夜、こん棒を持った警察官らが通行人に目を光らせ、訪れた記者を尾行。事件が注目されることに神経をとがらせていた。

 当局は事件の死者数を319人としているが、正確な数は不明。政府は事件を「政治風波(騒ぎ)」と位置付け、弾圧を正当化している。(共同)

zakzakの最新情報を受け取ろう