記事詳細

北から持ち帰った「土産」を税関で没収 総連らの猛批判に、片山さつき議員が大反論「経済制裁で禁止輸入品ゆえの押収」 (1/2ページ)

 朝鮮学校の生徒が修学旅行で北朝鮮から持ち帰った土産を、日本の税関が没収したことが波紋を広げている。朝鮮学校を傘下に置く朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)や、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞が猛批判しているが、税関の対応は「不当な押収」にあたるのか。自民党政調会長代理の片山さつき参院議員は、税関の正当性を主張している。

 発端は、6月28日にさかのぼる。「祖国訪問」を終え、関西空港に到着した神戸朝鮮高級学校の生徒62人は、税関の荷物検査を受けた。その際、北朝鮮の国旗や文字が入ったクッションや化粧品、薬などが没収の対象となった。

 総連は翌29日、記者会見を開き、北朝鮮との対話ムードが広がる現状を念頭に、「非人間的な措置」「唯一、日本政府だけが敵対行為に固執している」と批判した。

 韓国・中央日報(4日、日本語版)などによると、総連や韓国の市民団体は3日、なぜかソウルの日本大使館前で「人権蹂躙(じゅうりん)を謝罪し、押収した物品を返還せよ」と訴えた。

 前出の労働新聞は5日、「人道主義と国際法を乱暴に蹂躙した許せない野蛮行為、反人倫的悪行である」と非難する論評を掲載した。

 果たして、税関の行為は「非人間的な暴挙」なのか。

 片山氏は「日本は、法と正義のもとに北朝鮮に経済制裁を科している。土産品も、生徒への嫌がらせではなく、経済制裁で持ち込みが禁止された輸入品ゆえに、法令に基づき押収した」と反論した。

関連ニュース