記事詳細

文科省裏口入学 佐野前局長は容疑否認「対象校選定の権限ない」 前理事長らとの会食時に不正合格に言及か

 文科省の前科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)は、東京医科大学に便宜を図る見返りに、自分の息子を合格させてもらった受託収賄容疑で逮捕された。

 佐野容疑者が、東京地検特捜部の調べに「当時官房長だった自分に事業の対象校選定の職務権限はなかった」などと容疑を否認していることが分かった。官房長は選定に直接関与できないが、特捜部は収賄罪の構成要件である職務権限の範囲内だったとみている。

 佐野容疑者が東京医科大の前理事長らと会食していたことも判明。この場で、医科大側に事業計画書の書き方を助言したことは認めているもようだ。息子の不正合格に関するやりとりもあったとみられる。

 佐野容疑者は官房長だった2017年5月、東京医科大の臼井正彦前理事長(77)から文科省の「私立大学研究ブランディング事業」の対象校に選ばれるよう取りはからってほしいと頼まれ、その謝礼として、今年2月の入試で息子を合格させてもらった疑いがある。

関連ニュース