記事詳細

【大学で学ぼう】明治大学で「源氏」「唱歌」を探る 7~8月講座

★明治大学

 明治大学は多彩なジャンルから年間400以上の講座を開講している。

 7月21日は、「源氏物語と歴史の接点」(全1回・4000円)。源氏物語の作者・紫式部は、物語を読んで感心した一条天皇の評価を契機に、“日本紀の御局”とあだなされたという。実際、源氏物語には、「日本紀」(史書)を意識した内容が随所に見られる。さまざまな角度から、源氏物語と歴史との接点を探る。また、特別企画として、研究者4人の講演の後、質疑応答とディスカッションを行う。

 同じく21日に行うのが「唱歌・童謡にんげん史」(全1回・2000円)。誰もが知っている童謡が持つ真の魅力の裏側には、情操教育に燃えた文学者たちのさまざまな人間模様がある。童謡をめぐる背景をたどりながら、創作者たちの師弟関係や友情などを再発見しよう。レクチャー&コンサート形式により、実演を通して、実際の作品に触れる。

 8月1~7日は「MOS Wordスペシャリスト集中講座」(全5回・3万円)。マイクロソフト認定のパソコン資格「Microsoft Office Specialist(MOS)Word」の合格を目指す。講座は短期間で確実に合格できるような特別プログラムとなっている。

 ■明治大学リバティアカデミー事務局 東京都千代田区神田駿河台1の1 (電)03・3296・4423。平日10時30分~19時。土曜10時30分~15時30分。

 ※申し込みはホームページ、電話から。先着順で定員になり次第、締め切り。講座の詳細(会場など)はホームページで確認(リバティアカデミーで検索)。