記事詳細

【衝撃事件の核心】四半世紀も監禁された息子 親の責任感と孤立の末 (1/5ページ)

 兵庫県三田(さんだ)市の住宅で、精神疾患を抱える長男(42)が20年以上にわたり一畳ほどのおりの中に閉じ込められていた。長男の腰はくの字に曲がり目はほぼ失明の状態。同居する父親(73)から相談を受けた三田市が長男を福祉施設に入所させ、兵庫県警は監禁容疑で父親を逮捕した。一家はどのような悩みを抱え、地域や行政とどう関わっていたのか。孤立した家庭への支援のあり方も問われている。(産経WEST

■広さ1畳、食事は2日に1回

 「息子が暴れる。(約25年前の)16歳のころから閉じ込めていた」

 今年1月18日、父親から福祉関係者への相談をきっかけに長男と面会した三田市職員に、父親は長男を閉じ込めていた理由を明かした。おりは一軒家の庭のプレハブ倉庫の内部に設けられた。高さ約1メートルで広さは一畳ほど。市職員を前に、長男はおりの中で「体育座り」をしたまま、下半身をさらけ出していた。

 父親は市職員に「精神疾患で暴れて近所から何度も苦情があり、迷惑になると考えた」と経緯を説明。おりの中にはファンヒーターや扇風機が置かれていたが、排便は床のマットの上に垂れ流し状態だった。

 父親の仕事はタクシー運転手で、日々の業務は深夜まで続いた。長男は主に父親が留守の間はおりの中で過ごし、父親が帰宅後の午後10時ごろから約12時間は外に出ることを許された。父親は「2日に1回のペースでご飯を食べさせ、風呂にも入れていた」と供述する。

 それでも、劣悪な環境によって長男の腰はくの字に曲がり、目はほとんど見えなくなっていた。障害者手帳を持っていたが、最近は病院で治療を受けたり、福祉サービスを頼った形跡はなかった。

関連ニュース