記事詳細

NATO巡りトランプ氏、「モンテネグロ守れば大戦」

 トランプ米大統領は17日放送のFOXニュースのインタビューで、北大西洋条約機構(NATO)に昨年加盟したモンテネグロについて「なぜ米国が守る必要があるのか」と問われて同感した上で、NATOの集団防衛義務に基づき同国を守れば「第3次大戦につながる」と述べた。

 モンテネグロのNATO加盟には、同国と歴史的につながりの深いロシアが強く反発していた。

 トランプ氏はNATOについて「時代遅れ」と批判してきたが、1加盟国への攻撃を全加盟国への攻撃とみて対応するNATO条約5条に関して再び疑問を呈した形だ。NATOと対立するロシアを利する発言と批判する声も出ている。

 トランプ氏はインタビューで「モンテネグロは小国だが、非常に強い国民がいる。(もし攻撃された場合)第3次世界大戦だ。だが、そのような仕組みになっている」と説明した。(共同)