記事詳細

【長谷川幸洋「ニュースの核心」】貿易戦争は「米中新冷戦」時代の幕開け トランプ政権は「中国は国家的泥棒」と認識 (1/2ページ)

 ドナルド・トランプ米大統領と、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が16日、フィンランドの首都ヘルシンキで会談した。大方の予想通り、核軍縮の継続協議を除いて、具体的成果はほとんどなかったに等しいが、今回の米露首脳会談は、トランプ氏の世界観を占う意味で興味深い。

 大胆に言えば、トランプ氏は「米国の戦略的仮想敵は中国」と見定めて、ロシアを中国との連携から切り離そうとしているのではないか。

 それはなぜか。

 いまのロシアは、もはや米国の脅威ではないからだ。それは経済状況に端的に示されている。

 いまロシアの名目国内総生産(GDP)は世界12位、1兆5270億ドル(約171兆6806億円)程度にすぎない(2017年)。中国の12兆140億ドル(約1350兆7340億円)にははるかに及ばず、韓国の1兆5380億ドル(約172兆8865億円)をも下回っている。

 かつての超大国イメージが残っているが、実態は輸出の大半を石油と天然ガスなど1次産品に依存し、長期低迷を続ける中進国なのだ。

 とはいえ、軍事的には大量の核兵器を保有しているから、無視はできない。つまり、トランプ氏からみると、経済でも軍事力でも米国を脅かす存在ではないが、核大国には違いないので、この際、関係を修復して中国の脅威に備えたい。

 もしチャンスがあるなら、中国とロシアの仲を切り裂いて、部分的でも米露連携に持ち込めれば素晴らしい。そう考えているのではないか。

関連ニュース