記事詳細

【長谷川幸洋「ニュースの核心」】野党のご都合主義な「カジノだけ批判」 弊害説くなら…パチンコ、競輪、競馬、競艇はどうする? (1/2ページ)

 カジノ解禁を含む統合型リゾート施設(IR)整備法が、自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で成立した。

 世論は批判的だ。例えば、共同通信の調査では「反対」が64・8%と、「賛成」の27・6%を大きく上回った。読売新聞の調査でも「評価しない」の62%に対し、「評価する」は28%にとどまっている。

 この結果を見れば、安倍晋三政権がカジノについて、国民に丁寧に説明する必要があるのは、明らかだ。政府は異例の全国キャラバンを展開して、制度を説明していくという。

 日本にはカジノがないのだから、「ギャンブル」と聞くだけで、アレルギー反応が起きるのも無理はない。文字と言葉だけでなく、世界の現状をビデオで見せたらどうか。

 この話は基本的に、地域の活性化と観光の目玉づくりである。私はラスベガスで遊んだ経験があるが、50ドル(約5500円)くらいで家族が一晩、十分に楽しめた。「何万ドルの大損」などというのは、別世界の話だ。普通の観光客とギャンブラーを一緒にするのはどうなのか。

 確かに、ギャンブル依存症対策は十分とはいえない。「日本人客は週3回かつ月10回まで」「資金貸し付けは一定額を預託できる人に限定」などと規制を設けているが、当初はできるだけ厳しく運用すべきだ。違反者だけでなく事業者にこそ、しっかりペナルティーを科してほしい。

 さて、そのうえで指摘したいのは、反対の野党はカジノの弊害を説くなら、パチンコや競輪、競馬、競艇はどうするのか。これまで「パチンコを追放しろ」とか「競輪をやめろ」という話は、あまり盛り上がったことがない。

関連ニュース