記事詳細

自浄作用ないからこその第三者委員会も…田中理事長に引導渡せず 「責任追及目的でない」と大甘処分 日大悪質タックル問題 (2/2ページ)

 日大側は同日、公式ホームページ(HP)で「第三者委員会の最終報告書における事実認定の部分は、本学が第三者委員会を設置した趣旨に鑑み、そのまま真実として受け入れます。また、再発防止策として提言された内容についても、重要なご意見として受け止め、検討の上、誠実に対応してまいります」とコメントした。

 先のOBは「ホームページでの回答で、一連の問題を終わりにしようという算段で、理事長は公の場に出る気なんてさらさらない。体質は今後も変わらないでしょうね、残念だけど」と吐き捨てた。

関連ニュース