記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「残」》パソコンにスーツ… 記者の見た目は転職活動中? (1/2ページ)

 「転職とかお考えでないですか?」

 8月下旬の大阪・梅田の地下街。多くの人が行き交うこの場所で、スーツを着た女性から声をかけられた。女性は大手生命保険会社を名乗った。いわゆるセールスレディーへの転職者を探しているのだろう。

 これで3回目だ。以前は、また別の大手生保の担当者に大阪のビジネス街である淀屋橋で、またもう1度は、取材を終えて梅田の高級ホテルを出ようとしたところで声を掛けられた。

 彼らはどんな人材を求めているのか知らないが、どうしてこうも同じ業界の人たちに声を掛けられるのか。彼らが、上司から言われているターゲット像の資料でもあれば見てみたいものだ。

 「パソコンを持ち歩いている人」「スーツを着ている人」…。

 推測の域を出ないが、こんな感じだろうか。たしかに記者だからパソコンは放さない。これって転職活動中の格好なのか。もしかして私は、転職活動中に見えるのか。もうかれこれ10年以上スーツを着ているが、そんなに板に付いてないのだろうか。いろいろと考えをめぐらせる。

 取材相手は企業だから、服装は比較的きちんとしたものを選び、スーツが多い。こうした格好から、営業ウーマンにでも見えるだろうか。たしかに、足しげく通うことが大事な点では記者は営業と似ているが…。