記事詳細

日本人医師に「イグ・ノーベル賞」 座ったまま大腸内視鏡、自らの体で研究

 ユニークな科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が13日、米マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大で開かれた。座った姿勢での大腸内視鏡検査を自らの体を使って研究した長野県の昭和伊南総合病院の堀内朗内科診療部長兼消化器病センター長(57)が「医学教育賞」を受賞した。日本人のイグ・ノーベル賞受賞は12年連続。

 授賞対象は、堀内さんが自分に大腸内視鏡を挿入した研究。堀内さんは自分が患者役になり、座った姿勢で不快感が少なく容易に挿入できたため、試行を重ねたという。(共同)